ことり日和

ことり日和

愛鳥の成長記録をメインに日常風景やお出かけレポなどを綴っています

東京海洋大学「海鷹祭 (うみたかさい) 」はギョギョギョな展示と模擬店だギョー!

東京都の品川区にある「東京海洋大学 品川キャンパス」

第60回となる学園祭に訪れてみました。

 

東京水産大学から引き継ぎ伝統のある、年に1度のイベントだそうです。

これがまた人気コーナーがあり整理券すら午前中にはすでに完売という物も。

 

さかなクンも、こちらの大学の名誉博士となっていますギョギョッ!

 

そんな海洋大学ならではの学園祭、どんな感じでしょうか。

その一部をご紹介です。

 

2019年度 海鷹祭

毎年10月下旬~11月初旬にかけて開催されている学園祭。

大学では「海を知り、守り、利用する」をかかげています。

海鷹祭にかかわる人すべてが海や魚に親しみ、楽しむためのお祭りとなっています。

 

今年は華甲海宴がテーマ (華甲 かこう=還暦) 

もう60年も開催しているんですね!(*'▽')

 

 

東京海洋大学

 

最寄り駅は (JR・京急) 品川駅

港南口 (東口) 

f:id:romita:20191107213253j:plain

このあたりも随分と開発が進みビルが立ち並んでいます。

 

 

改札を出てほぼ直進、川を渡れば辿りつけます。徒歩10分。

f:id:romita:20191107213306j:plain

 

 

f:id:romita:20191107213314j:plain

マグロ (頭) のお出迎え。

 

 

お天気も良く、模擬店も賑わっています。

f:id:romita:20191107210927j:plain
f:id:romita:20191107210958j:plain

「雲鷹丸 (うんようまる)」は漁業練習用や漁業調査船として明治42年から使用されていました。

国の登録有形文化財として登録されています。

 

 

大学らしい風景

f:id:romita:20191107211015j:plain

 

ここ東京海洋大学は、

東京水産大学東京商船大学が統合。

国内唯一の総合海洋大学となっています。

 

f:id:romita:20191107211227j:plain



模擬店の様子

 

海洋大ならではの模擬店をお楽しみください (´-`*)

 

f:id:romita:20191107190059j:plain

ずっとぴこぴこ泳いでいます!

f:id:romita:20191107190107j:plain
f:id:romita:20191107190050j:plain

近くには色々な種類の可愛いメダカちゃんも泳いでいます。

ここではミジンコ君はメダカちゃんのゴハン用ではありません (´∀`)

 

 

両生類が苦手な方はここはササッとスクロール!

真っ赤っかなイモリ。

f:id:romita:20191107211007j:plain

画像は少し小さめに…。

スマホだと大きく見えちゃいますね (/ω\)

 

ちなみにイモリ君は水中に生息していて、カエルなどと同じ両生類です。

 

「井守」と言われた説があって井戸や水田の害虫を食べて守ってくれると言われています。

このこ達は全身真っ赤ですが、お腹は他の種類のイモリも赤く毒を持っています★

真っ赤だぞ~毒もってるぞ~と教えてくれているんですね。

 

間違えやすいヤモリは爬虫類、カメやトカゲの仲間です。

こちらは地上で生活。

「家守」と言われやっぱりこちらも害虫から守ってくれていると言われていますね。

お腹は赤くありません。

 

 

写真を控えめにしたわりには話が長くなってしまいました。

気を取り直して…

 

f:id:romita:20191107210911j:plain
f:id:romita:20191107185028j:plain

グッピーすくいやニジマス釣りなどもあります。

金魚すくいやザリガニ釣りもありますよ~。

 

f:id:romita:20191107210937j:plain

大学のプールを釣り堀にしています。

釣ったあとはどうするんでしょうか (´-`*)

 

 

 

海洋大学ならではの、以下のお店は特に毎年人気となっています。

ですが、ここはあえて冊子内の説明のみで。

 

イメージを膨らませてみましょう!

 

f:id:romita:20191107212850j:plain

ご存じな方は、ギョギョ!となる (と思う)ヌタウナギ

はじめてご覧になった方は検索をお勧め…しません!

それでもどうしても気になった方のみどうぞ (;´∀`)です。

 

 

こちらも人気なギョギョギョ!なお店

f:id:romita:20191107212840j:plain

今の日本で普通に生活をしていたら、

一生いただくことのない食材ということもあるのでしょうか。

列をなしておりました。

 

 

マグロの解体ショーがあったりビンゴやスタンプラリー、様々なジャンルの音楽ステージもありました。

 

模擬店では海産物が盛りだくさん。

国産うなぎや鯛めし、あら汁、シーフード系焼きそば等々。

魚介類好きな方は迷ってしまいそうなお店が所狭しと並んでいました。

 

 

構内の様子

 

海洋大らしいサークルも。

 

f:id:romita:20191107211049j:plain
f:id:romita:20191107211111j:plain

小笠原に研究所もある「うみがめ研究会」や、「天文地学部」はアンモナイトの化石も発掘します。

 

もちろん生きたお魚もいます。

 

f:id:romita:20191107211218j:plain

とっても人懐っこいフグの赤ちゃんに

 

f:id:romita:20191107211203j:plain

ミノカサゴの仲間でしょうか。

実物はとても小さく手のひら半分サイズくらいの子供です。

 

 

また淡水魚の金魚もいます。

f:id:romita:20191107211056j:plain

こちらはよくみると尻尾や背びれが、とても可愛らしい形をしていると思いませんか?

 

2014年頃でしょうか。

福島県の小野金魚園さんが2種類の金魚を掛け合わせ、産まれた金魚。

新種の「いわきフラっこ」ちゃんです。

 

 

美術部ではお魚たちも美しくデザインされていました。

 

f:id:romita:20191107211147j:plain

闘魚と言われるベタ。ビンでの飼育も可能となっていますね。

 

 

百鬼夜行ならぬ百魚夜行物語絵巻

f:id:romita:20191107211126j:plain

 

 

来年の干支は鼠 (子年) 。

f:id:romita:20191107211137j:plain

「なまこ」は海の鼠と書くんですね!

 

 

他にもたくさんのサークルやOB会。

海や海洋生物を感じさせてくれる世界でした。

生徒さんも沢山の知識を伝えてくれて、有意義な一日を過ごすことが出来ました。

 

 

ユニークな学園祭。

ギョギョギョな世界を堪能してみるのも良いのではないでしょうか。

∈( 'Θ' )∋

 

f:id:romita:20191107211038j:plain

さかなクンにも会えるかも!

スペシャルゲストとして登場してくれます♪

 

 

第61回 海鷹祭の開催日

2020年10月30日(金)~11月1日(日)

 

年度によって、さかなクンの登場や模擬店の内容が変更になる場合もあると思われるので訪れる際は大学のホームページやツイッターなどで確認をお願い致します。

 

 

東京海洋大学品川キャンパス 海鷹祭